アパート

賃貸物件を利用する|ライフスタイルに合った家探し

一人暮らしの部屋探し

インテリア

コンパクトな部屋が人気

北九州で一人暮らしをする学生や新社会人に人気の賃貸物件の特徴の一つとして、コンパクトであることが挙げられます。一人で暮らしていくうえで持て余すことがなく、生活動線も短くてすむ広さである、ということです。間取りとしては、ワンルームや1Kというような賃貸物件が北九州では人気です。ワンルームは間仕切りがないため、空間を広々と使えるのがメリットとなっています。家具などを置いても手狭に感じることがあまりありません。1Kは、キッチンと居住空間が仕切られて分かれているのがポイントです。キッチンの臭いや汚れが届くことがなく、冷蔵庫などの音も気にならないため、より生活空間を大切にしたい、というような人に向いていると言えます。

荷物の収納空間も考えよう

さて北九州でコンパクトな賃貸物件を選ぶ場合は、収納スペースのことをよく考える必要があります。収納スペースは服やふとんなど、自分の荷物をしまっておく場所ですので、余裕を持った広さを確保しておくことが大切です。こうすることで、居住空間に荷物を置かなければならない事態を避けることができ、コンパクトな空間でもより有効に活用していくことができます。なかなか北九州で十分な収納空間を持った部屋を探すのが難しい、という人はロフトのついた賃貸物件をあたるのもよいでしょう。ロフトは屋根裏空間を活用したスペースのことで、ここに荷物を置くことができます。物件自体が手狭で収納スペースが少なくても、生活空間は広くとることが可能になるでしょう。